歌謡的動画楽団【ばら組】

80年代〜90年代の邦洋楽ロックを愛する「ばら組」の雑記帳(地味なご説明ありがとうございます)


☆☆ばら組最新作!・BOOWY「FUNNY BOY」☆☆

【歌舞く】BOOWY / FUNNY BOY (Covered by Team Rose.)

というわけで、再始動第一弾は、

 

BOOWYのFUNNY BOYです☆ 
(歌ってみた☆歌ってみた☆歌ってみた☆)

 

 

 

(・・・歌はおまけだと思ってくださいw)

( ギターはおまけです。( ゚Д゚) )

 

 

もう、、氷室京介作詞作曲のBOOWYの曲ってシビれるんですよね^^

(シビれるって言葉、今使います?)

 

そうそう。ジャニーズやアイドルばっか聴いてた私にとって、初めてBOOWYという言葉を見たとき、なんて読むのかわかりませんでした。

平凡とか明星には載ってませんでしたし。

(歳がバレるw)

 

・・・BOØWY?ブー△※イ?みたいな。

巷でこっそり聞き耳を立てていると、なんだかみんなボウイと言ってるようで、恐る恐る、

 

「あ、、あの、、、ボ、、、ボウイってかっこいいよね。。」

 

「んああカッコいいぜっwwww!!」

 

と返ってきて、ふむ、「ボウイ」で間違いないんだと安心したところでした。

 

      (^^)

 

初めて聴いた楽曲はマリオネットだったのですが、Funny Boyはそれよりも前の楽曲で、初期BOOWYらしさと氷室京介の表現力、ギターのさりげない存在感、なによりもどストレートで、

「こんなかっこいい曲を作るんだ。。。」

と、当時ハナたれ保育園生(うそつけ)だった私としては、とても感動を覚えた曲でした。

 

布袋さんも今年40周年だそうで。(おめでとうございます)

ただ、BOOWYはやっぱり4人そろっているところを一番観たいな~なんて勝手ながら思う。

知ったのはすでに解散あとでしたので(←ホントです)、一回でいいから生BOOWYを観てみたい☆

いくつになってもBOOWYでいいじゃない・・・と上から目線で日々思うわけです。笑

 

ところで【ばら組】は「歌ってみたw」を中心のつもりだったのですが、絵面的にさみしかったので今回からギター演奏も入れてみました。

 

 

 【歌について】

歌はライブ録音の一本録りですw

 

使用機材はVT-3。

おかげで七色の声を作ることができます。

 

以上(笑)

 

【ギターについて】

 

今回、というか、私のギターの基本プレイスタイルは「攻撃的・剛毅豪傑なトーン」。

繊細さは、実はあまり表現できませんw

(このへん性格が出ます☆)

 

私的にこの曲ってシンプルではあるのですが、BOOWYの中ではちょっと難しい部類に入るのかなと思ってます。

中でもAメロのバッキングフレーズはわりかし高速かつ変則的でして、音符がつかみ辛い&勝手に鳴るハーモニクス音を止められない、という声を良く聞きます。

 
・音符をつかむコツ

難しいことはさておいて、どんな楽曲でも音符をつかむコツとして意識しているのは、アクセントを意識することと、フレーズの長さを当初「2小節単位」でとらえることです。

(音に慣れたら、楽曲にもよりますが4小節、8小節などと伸ばしていきます。)

 

アクセントを意識するのはそこまで難しくないのですが、FUNNY BOYのこのフレーズってテンポのいい馬が走る蹄の音っぽく聴こえませんか?

(・・・時代劇ばっか観てますからね)

私の場合、馬がちょうど踏み込む時(アクセント)跳ねる時(ミュートカッティング)みたいなイメージで剛よく弾ききるようにしています。

 

フレーズについてですが、一小節単位で捉えてしまうと、次の二小節目の出音が出遅れます。そこでリズムが狂ってきやすくなりますし、思い切ったカッティングに躊躇してしまいます。

 

 

ハーモニクスが止まらない

 

Funny Boy奏法の悩みの種の一つです。

この曲ではAmからスタートします。

煌びやかにしたければバレーコード(6~1弦を全部押さえる)で鳴らしてもいいですし、重厚感を出したいのであればパワーコード(6~4弦)でいいかと思いますが、レギュラーチューニングでのAmは、6弦側から5-7-7フレットで、とくに6弦の5でハーモニクス音が鳴りやすいです。

 

ハーモニクスを簡単に抑えるのであれば、すでに誰かが言ってるように1~3弦のみをミュートカッティングすると楽にできます。

 

ただもっと重厚感とジャキジャキ感を出したい場合は、全弦のミュートカッティングをおすすめします。

バレーコードの際、中指がフリーだと思うのですが、それを6弦6フレットに触れさせるだけでできます。ミュートカッティング時の手はネックを包み込むような状態になっているとおもいます。

決まればミュートカッティングの真の醍醐味を知ることが出来ますが、決まらないときはギターをそこら辺に投げ捨てたくなります( ゚Д゚)

あははwww投げろ投げろww投げてしまえww

 

 

・全弦のミュートカッティングと第三種テコ

 

全弦のミュートカッティングでは、腕のストローク量が最大になるので、物理の法則に基づいて力点の見直しが必要となります(科学的☆)

 

高速カッティングフレーズでは、ミュートと腕の振り方がキモでして。

よく聞くのは、手首を柔らかくして、、、など。

「じゃあわかった、柔らかくしたところで弾けないのはなぜだろう」

ということなのですが、簡単にご説明してみます☆

 

手首を柔らかくすることを意識するよりは、「腕の支点」と「上半身の関節からみた各種支点と作用点」「下半身の関節」「首の関節」を意識して、カラダ全体で弾いた方がジャストミートしやすいのです。

これはつまり作用点、支点、力点の関係で説明するのが合理的であり、人間の腕の動作そのものは作用点である「手」からちょっと離れた肘の部分である「支点」、その肘の近くにある筋肉である「力点」であることから、少しの収縮運動で大きな運動量を得られる、いわば第三種テコということが言えますそう!つまりギターとはっ!・・・

 

第3種テコの原理で鳴らす楽器なのです(; ・`д・´)

 

(簡単なご説明ありがとうございました)

 

 

なんだか・・・なにをごちゃごちゃ言ってるのかわけわかんない☆というそこのあなた。。

そう、理屈なんてどうでもいい。。俺はかっこよく弾きたいだけなんだ!というそこのあなた。あなたですよあなた。ええ。ええ。

 

 

・・・とってもいい方法があります(^^♪

 

ピックを握った親指をギターに対して90度以上【いや、できれば120°、いやもっと!」

垂直に思い切り向けて弾いてみてください^^

手首が張って痛いでしょう?wwwwほら、痛いって言って言って☆

 

 

 手首がちょっと張りますが、振りがコントロールしやすくなるはずです。

慣れたら高速でやってみましょう☆

(注:必ずギターを持った状態でやってください。電車やバスの中、公園のベンチなど、大衆の面前でエアーで練習しないこと。特に男の子。

 

 

・・・ウソです(^^)

 

でもテコの原理はホントです。

 

ギターのヘッドを斜め左前方に傾け、場合によってはネックを斜め上に向け、自分のカラダに合う、全弦を鳴らしやすい場所を探します。

 

肩から手まで大きく4関節(肩→ひじ→手首→指)ありますが、これらを曲の強弱に合わせてすべて使うことを意識するとだいぶ変わります。

最小の力で最大の利を得る。

 

どうでしょうか。弾けましたかでしょうか?(´・ω・`)

 

 

(ブトウ糖切れ)

 

 

 

 

それでもなんだかよくわからないというそこのあなた。

 

そんな時のオンラインです。

流行りのリモートです(*´ω`*)

 

 

今ならギターオンラインレッスン50分¥3500(別途消費税)でご提供いたします☆

(60分1コマ。10分間は休憩ですので。)

 

 

 

(現在準備中です。半永久的に。)

 

 

 

サウンドについて

さて、ギターサウンドの方ですが、後ろに写ってる

YAMAHAのTHR-10Xのみを使用して録音しています。

 

ヤマハ YAMAHA ギターアンプ(Extreme High-Gain) THR10X

ヤマハ YAMAHA ギターアンプ(Extreme High-Gain) THR10X

  • メディア: エレクトロニクス
 

 

(これはアフィリエイトリンクじゃございませんので踏んでも大丈夫でございますwww)

 

アンプモデルはBrown1でして、マーシャルのJCM900なのか800なのか2000なのか分かりませんがその辺の音です。

それにコンプを少し、コーラスを少し、リバーブ、ディレイを少しずつ加えています。

ソロの時に+ロングディレイです。

 

で、それからDAW(録音・編集ソフト)のCUBASE側で、プラグインのオーバードライブを10%増しです。

 

だいたいこの辺で収めておかないと、ギターの原音がなくなっていく気がします。

 

このヤマハのアンプ、アンプシミュレーターですけどやっぱり秀逸です。

音がリアルというよりは、音質がとてもいいのです。

このアンプってもうないんですよね。絶対買ったほうがいいです☆

 (ないのをどうやって買うのかね) 

 

欠点としては、Brown1の音の高音成分のせいで、それに慣れてしまうと、他のアンプモデリングにした場合にモコった音に聴こえてしまうことです。

日をおいて改めて音作りをするといいかもです。

 

ところで動画の左後ろにマーシャルヘッドととOrangeのキャビネットが写ってますけども、こっちの方が音がリアル。

なぜかと言いますと、

(自慢→)本物のマーシャルチューブアンプだからです☆(←自慢)

 

(最近、巷では当たり前のことやどうでもいいことを大げさに話すのが流行りだと聞きました)

 

このマーシャルは出力1wですが、MAXだとで家が割れてしまいそうなほど音が出ます。

 

 

 

ということでいかがだったでしょうか^^

 

BOOWYはしばらく続けてみたいと思います☆

 

引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

 

チャンネル登録の方も

ぜひぜひよろしくお願いいたします^^

 

www.youtube.com

 

 

コメントの方もよろしくお願いいたします☆

すべてのコメントにご返信いたします^^

 

(たとえ悪口でも丁寧にご返信いたしますwwww)